しし肉専門店 丹波篠山おゝみや  国産天然猪肉,ぼたん鍋,ジビエをお届けします 

おゝみやについて

  • facebook
  • twitter
  • mail
  • pinterest
  • google-plus

天然しし肉について

当店は昭和24年4月、現在の地にて「 大見商店 」として創業。

会社としての創業は昭和24年となっていますが、明治期(現社長の曾祖父の代)より丹波篠山の地で天然の猪の売買を行ってきいました。

この事実からも、当店が 「天然しし肉」販売の元祖と自負しています。

全国的にも珍しい[ 天然しし肉 ]を専門に取り扱う専門問屋として、現在まで商いを続けています。

近隣地域の狩猟期間は11月15日から2月15日までの約3か月間のみとなり、
この期間に概ね2,000〜2,500頭を仕入れ、年間を通じて店舗・インターネットで販売すると共に、全国のレストラン・飲食店・ホテル・旅館等へ商品をお届けしています。

「 天然しし肉 」について

丹波篠山の地は、静岡県 天城山・岐阜県 郡上八幡と並んで、日本 三大猟場として豊かな恵みの地と称えられています。

その中でも、丹波篠山の地がひと際有名なのは、この地特有の気候風土が大きく関係しています。独特の気候風土は山の恵みだけでなく、全国に名をはせる多くの名産品を育みます。

山の恵みが豊富な丹波篠山は、冬の冷え込みは厳しいですが雪はさほど多くありません。また、丹波盆地をとりまく山々は高くはなく、岩肌が多いうえ起伏に富んだ地形の為、この地域に生息する生き物は年間を通じて餌を求め野山を走ります。

猪は雑食と言われることが多いですが、実際は木の実や穀物を餌に育ちます。
里山の恵みが豊かな[ 丹波篠山 ]の地は、自然に生きる生き物の餌場として非常に恵まれています。

この恵まれた餌場で育つ事によって、程よい脂肪と豊かな甘みのある良質な ” 猪 “が育ちます。

「 しし肉・しか肉の栄養価 」

昨今メディア等で取り上げられる事も多いジビエ素材ですが、まだまだマイナーな食材であり家庭の食卓にあがる機会も少ない素材です。

そのジビエ素材の魅力を知って頂きたく、ご紹介させて頂きます。そして食べれば素材の魅力に魅了される事でしょう。

  • [低脂肪]で低カロリー
    しし肉 ⇒ 牛肉の約50% / 豚肉の約85%
    しか肉 ⇒牛肉の約13% / 豚肉の約20%
  • [高たんぱく]な素材
    しし肉 ⇒ 牛肉の約136% / 豚肉の約108%
    しか肉 ⇒牛肉の約163% / 豚肉の約129%
  • ビタミンB2も非常に豊富
    しし肉 ⇒ 牛肉の約193% / 豚肉の約161%
    しか肉 ⇒牛肉の約213% / 豚肉の約177%
  • 鉄分も驚くほどに豊富に含まれています
    しし肉 ⇒ 牛肉の約196% / 豚肉の約480%
    しか肉 ⇒ 牛肉の約267% / 豚肉の約653%

※ 「 日本食品標準成分表2015年版(七訂)」より引用(下記 グラフ参照)

その他の栄養素でも特質すべきは、近年サプリメント等でも注目されている
[ 還元型 コエンザイムQ10 ]がしし肉の赤身部位に豊富に含まれている事が分かりました。
その量は、その他の畜肉と比較しても2倍以上と言われています。
※ 大手化学メーカ・カネカ(大阪市),JA愛知厚生連足助病院 調査結果引用(下記 画像参照)

当店の取扱う天然のしし肉・しか肉を始めとする[ ジビエ素材 ]は、皆様の体に必要な数多くの栄養成分を豊富に含んでいます。

しし肉は赤身と白身(脂身)のコントラストが明瞭な様に、白身(脂身)の多い食肉です。
しかしながら野山で育った野生鳥獣は、一般的な肥育家畜とは圧倒的に異なります。

天然の生き物は自らの命の為に、餌を求めて野山を駆け巡りながら食べる事で成長し、寒い冬を乗り越える為の脂肪を蓄えます。必要以上な脂肪分を蓄える事はありません。
このように、天然の生き物ならではの良さであり、また当店の素材の魅力でもあります。

当店は、この様に自然の命を頂き、生業とさせて頂いています。
自然の恵みに感謝すると共に一人でも多くの皆様に、[ 天然ジビエ ]の良さを知って頂ける様、【 誠心誠意 】取り組んでいます。

2016年04月09日
日本農業新聞 掲載記事 引用

主な食肉の栄養成分比較
「日本食品標準成分表 2015年(七訂)」を基に
弊社にて抜粋引用しております。