しし肉専門店 丹波篠山おゝみや  国産天然猪肉,ぼたん鍋,ジビエをお届けします 

おゝみやについて

  • facebook
  • twitter
  • mail
  • pinterest
  • google-plus

「 丹波篠山 」について

当店が位置する丹波篠山は、兵庫県の中東部、兵庫・京都・大阪の県境に位置し、京阪神地域へも大凡1時間で行き来する事が可能です。篠山城下の城下町として栄え、京都への交通の要所とされていました。町並みや風習等にも京文化の影響を色濃く残しています。

多紀連山の山々に周囲を囲まれた丹波盆地の中心に位置し、寒暖の差の厳しい盆地特有の気候風土は、丹波地方特有の豊かな農産物を育み全国的にも名の知れた食の宝庫です。

2015年に文化庁創設の「日本遺産」に認定されたデカンショ節で有名な街でもあり、同年にはユネスコ 「創造都市ネットワーク」にも加盟。
続けて、2017年には、丹波焼を含む日本六古窯として二つ目の「日本遺産」認定を取得した歴史と伝統の町です。

丹波篠山の名品の数々

丹波篠山特有の気候風土は、豊かな里山の恵みを育んでくれます。

〜 山の幸 〜

2007年に農林水産省主催の農産漁村の郷土料理百選に選定された「ぼたん鍋」で代表される、「天然しし肉」「天然しか肉」を始めとするジビエ素材。

全国的に名を知られ、季節の訪れと共にメディアを騒がせるのが「丹波松茸」です。豊かな香り・堂々とした姿・そして価格、すべてにおいて一級品と呼ばれています

〜 里の幸 〜

丹波篠山産には、他に無いほど粒が大きく炊きあがりの色艶も美しい、そして煮崩れし難い為に縁起物として古来より珍重されている「丹波黒大豆」が有名です。お正月のおせち料理に欠かせない素材としても広く知られています。近年では、10月初旬に未成熟で収穫される 「秋の黒枝豆」としても知られています。

真円に近いが少しゴツゴツした風貌が特徴で、良く知られる自然薯・大和芋とは異なる地元で「霧芋」とも呼ばれるのが「丹波 山の芋」です。粘土質の土壌は芋類の栽培には最適で、昼夜の寒暖差の大きな気候条件が美味しい芋を育みます。秋が深まると夜明けからしっとりと立ちこめる丹波霧。この朝霧に覆われる頃に収穫が行われることから「霧芋」と呼ばれています。

日本書記にも期されるほどの歴史を持ち、江戸時代には幕府や朝廷にも献上されたと言われる「丹波栗」。粒は際立って大きく旨味も豊かな事から、全国的に名を知られた存在です。

上記の様に、丹波篠山は恵まれた気候風土の恩恵を受け、名だたる産品が豊富な「食の宝庫」です。

トップに戻る